旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンのたからもの (schatz der drachen)
2012年02月12日 (日) | 編集 |
ドラゴンのたからもの
名称:ドラゴンのたからもの (schatz der drachen)

別名:ドラゴンの宝
発売元:Winning Moves (ウィニングムーブズ) , 2003年
デザイナー:Reiner Knizia(ライナー・クニツィア)
プレイ人数:2~5人
対象年齢:6歳以上
主な受賞歴:2004年 ドイツ年間ゲーム大賞 子供ゲーム賞ノミネート

概要:子ドラゴンに気をつけながら宝を手に入れよう。神経衰弱に似たルールだけどひねりが効いている。

満足点:誰でも覚えやすい簡単なルール
     単なる記憶だけでなく、運要素やバーストなど色々な要因で勝負が決まる
     一気にたくさんの宝を獲得できると爽快感がある
     タイルが大きめで、イラストも可愛いのでプレイしていて気分がいい
不満点:日本語マニュアルで簡易ルール(?)が紹介されているが、これでは本来の面白さは出ないと思う

ウチでの評価:★★★★★★★★☆☆(8点:お気に入り!!)

妻「記憶だけでなく、ドラゴンや指輪のために適度な考えどころもあり、良く出来ていると思う」
長女(7歳)「宝がたくさん取れると楽しい!もう1回やりたい」
次女(4歳)「クモ怖い~」
 
詳細な内容は[続きを見る]から。
 

今年初めてのボードゲームレビュー。
……と言いつつもう2月ですが、実のところ近頃はほとんどアナログゲームをやっていない状態。
4月になったら余裕が出てくると思うのですが、それまではスローペースで申し訳ないです。

ドラゴンのたからもの1
さて、気を取りなおして、2012年、辰年のレビューは「ドラゴンのたからもの」から。
2004年ドイツ年間ゲーム大賞(子供ゲーム賞)にもノミネートされた作品です。

箱の大きさは20.2x20.2x4.9cm。
コンパクトで収納しやすいタイプなので、個人的には好きなサイズです。


ドラゴンのたからもの2
中身はマニュアルとタイル49枚のみのシンプルなコンポーネント。
枠から抜き取るわけではなく、最初からタイルの状態で入っているのが気を使わなくて良いですね。
記憶ゲームなので抜き取りに失敗して目印がつくと致命的ですし(この作業が好きな妻は不満を漏らしていましたが)。

あと、なぜか輪ゴムでタイルがくくられています。
ゴムが劣化して溶けることを考えると外しておいた方がいいですかね。


ドラゴンのたからもの3
タイルはこの8種類。厚手かつ大きめで扱いやすい。
内訳は左上から、燭台、指輪、宝箱、ドラゴン、蜘蛛、ボール、車、人形です。

蜘蛛以外のタイルは、左下(ドラゴンだけ右下)に黒色マークがあることに注目。
ここに黒丸のなかに描かれている白丸の数がゲームに関係してきます(後述)。


ドラゴンのたからもの4
初期セットアップはタイル全てを裏返しにして7x7の形に並べます。
「子ドラゴンの巣から宝物を手に入れる」という物語や、箱絵を見て分かる通り、床のタイルをめくって下に隠された宝物を見つける、という見立てになるのですね。

以下、長女と2人で遊びながらのルール説明。
(ながら作業ゆえに写真の映りが微妙ですがご容赦を)。

ドラゴンのたからもの5
先攻は長女。
基本的な手順は神経衰弱と同じで、「順番にタイルをめくる」だけですが、大きく異なるのが以下の点です。

[好きな枚数だけめくることができる]
絵柄が合う、合わないに関わらずタイルを連続でめくり続けることができます。
上写真は、長女が車タイル→指輪タイル→車タイルとめくったところですが、ここでやめることも、継続してめくり続けることもできます。
長女は考えた末、ここでストップすることにしました。

[種類によっては2枚ではなく、3・4枚で組になるタイルがある。中には1枚で獲得できるタイルも]
前述したタイル左下の黒色マークは「必要な集める枚数」を示していて、例えば今回めくった車タイルは白丸2つがあるので、2枚取ればOKということになります。
指輪タイルは1つなので、これ1枚で手に入ります。
よって、上写真の獲得品は「車タイル2枚、指輪タイル1枚」の計3枚になりますね。


ドラゴンのたからもの6
上の写真では「燭台3枚、ボール2枚、宝箱1枚」をめくったところでストップしました。
これだと「燭台3枚、ボール2枚」の5枚が手に入りますが、宝箱タイルは4枚集めないと獲得できないので、裏返して戻します。


ドラゴンのたからもの7
ただ、宝タイルを開いた後にドラゴンタイルをめくってしまうとアウト!
せっかく見つけた宝を置いて逃げることになるので、今まで開いたタイルは獲得条件を満たしていても全て裏返しに戻さなくてはなりません。

このためにどこまでタイルをめくるか悩ましくなります。
あまりたくさんめくってアウトになると他プレイヤーに多くの情報を与えてしまいますしね。


ドラゴンのたからもの8
このようにやっかいなドラゴンタイルですが、それらを手に入れる特別な条件があって「宝タイルを開かずに、ドラゴンタイルのみ開ければ、タイルを獲得する」(仲間にする?)ことができます。

ドラゴンタイルは12枚もあるので、その場所が多く分かっていれば、こちらを狙うのも手ですね。
(後述しますが一番多くドラゴンタイルを集めた人には+3点のボーナスもあります)。


ドラゴンのたからもの9
また蜘蛛の巣タイルも、開いてしまうと即アウトです。
こちらはどの状態でも問答無用で手番終了になるので、その場所には特に注意しましょう。

尚、この蜘蛛の巣タイル、めくってしまったプレイヤーが好きな場所に移動させることができます。
なぜか私はよくこの嫌がらせにひっかかるのですが……。


ドラゴンのたからもの10
最後に1枚で手に入る「指輪タイル」ですが、これにも特別な効果があって「ドラゴンと一緒に取ること」ができます(指輪はドラゴンが持っている宝物ではないからですかね?)。
上の写真では、指輪1枚とドラゴンタイル1枚の計2枚を手に入れました。

よって最初に「指輪タイル」をめくれればチャンス。
次がドラゴンでも宝タイルでもOKなので、未知のタイルを開きたい時に有利となります。

ドラゴンのたからもの11
プレイレポに戻ると、長女と私の試合も中盤。
私が宝箱4枚と人形タイル2枚の計6枚をゲット!たくさんのタイルを一気に獲得できると気持ちいいです。


ドラゴンのたからもの12
負けじに長女も終盤で宝箱タイル4枚と人形2枚を獲得!
この時、残り1枚の宝箱タイルの場所が不明で、ドラゴンタイルと宝箱タイルどちらを引くか?という状況でしたが、運良く良い方をめくることができましたね。

ドラゴンのたからもの13
最後に私がドラゴンタイル2枚を取得して終了。
残った3枚は蜘蛛の巣タイルですが、これらはドラゴンタイルを一番多く集めた人がボーナスとして獲得できます。


ドラゴンのたからもの14
結果は……ドラゴンタイルのボーナスを得たこともあり、私の勝利!
長女は持ち前の勘で健闘しましたが、助言を求める場面も見られましたし、まだまだ不安定な感じ。
しばらくは記憶ゲームで負ける気はしないですね(そういう私も妻にはよく負けるのですが)。


◎総評
トランプの神経衰弱はカードの位置を確実に記憶していないと勝負にならないのですが、このゲームはドラゴンと蜘蛛の巣タイルにさえ気をつければタイルをめくり続けることができるので、ある程度あいまいな記憶でも宝探しの感覚でゲームを進めることができます。

また、めくり運の要素や、「どこでやめるか」という判断力、ドラゴンタイルを取るタイミングなど駆け引き要素もあるので、実力差が緩和され、多様性がある展開になっているのも良い点ですね。
(それでも差がある場合は、ハンデとして最初に+○点などを与えると良いと思います)。

尚、一部の和訳ルールでは「タイルの獲得条件を満たしたら即手番終了」と記されている場合があるようですが、これだと一気にタイルを取ることができないので、イマイチ爽快感が少ない気がします(例えば車タイルを2枚めくくってしまったら、それだけを獲得して次プレイヤーに交替することになります)。
また「指輪とドラゴンを一緒に取ることができる」というルールが欠落している場合もありますので、これも本来のルールの方が指輪の有り難みがあって良いと思いますね。

評価としてはガチガチになりがちな記憶ゲームの中では柔軟性があり、大きな不満点もないナイスゲーム。
神経衰弱をベースにしているのでゲームに馴染みのない方でもルールを理解しやすいという点もあり、総合力を買って★8個です。
ウチの環境ではなかなか出番が多いゲームとなりそうですね。

気になるのは、wininng movesのHPを見ても製品情報が書いてないこと。前は載っていたような気がするのですが、amazon.deでも売っていないですし、まさか廃盤ということはないでしょうね……?
コメント
この記事へのコメント
待ってました!のゲームレビュー♪お疲れさまです。
このゲーム、写真と「神経衰弱」という言葉だけでスルーしてましたが
イイ感じに捻りもあって面白そうですね。しかもクニツィアでしたか!

ウチも子ども達に色々なゲームを遊ばせてみましたが、結局のところ
「捲る」「袋から取る」などのシンプルな操作が楽しいんですよね~。
ウイニングムーブズは大好きなメーカーですし、記事の最後に怪しい
ことも書かれているので(笑)購入リストに入れておこうと思います。
2012/02/13(月) 16:21:47 | URL | タカ #nH0dgipQ[ 編集]
>タカさん
しばらくぶりにも関わらず、コメントいただきありがとうございます!
あまりに間隔が開いてしまったので、書き方を忘れてしまいました……。
先ほども読んで誤字や分かりにくい文章が散見されたので修正したばかりです。申し訳ない(汗)

さて本題ですが、私も最初は神経衰弱と聞いて尻込みした一人なのですが、さすがクニツィア氏。ジレンマを多分に含んだ楽しいゲームに仕上がっています。
タイルが豪華でめくるだけで嬉しい気分になるのも良いですね~。

絶版かどうかは定かではないのですが、昨年末にはamazon.deやspiel offensiveにあったはずの在庫が軒並みなくなっているのが気になります(クリスマス商戦後に品薄になっているだけかもしれませんが)。
末長く発売してほしいタイトルなので、そんなことがないと良いのですが……。
2012/02/13(月) 17:47:22 | URL | ぐんま #790CxkE6[ 編集]
とりあえず、FunagainGamesでFace2Faceの英語版の取り扱いはあるみたいですね。
http://www.funagain.com/control/product?product_id=015714

イチゴリラとちょっと似た感じがしますけど、これはこっちの方が面白そうですね。
記事を拝見していてちょっと欲しくなりました。
ドイツアマゾンで普通に買えるようになったら買おうかなと思ってます。

記憶系と言えば、4匹いるよの別バージョンも気になるんですけどねー^^;
2012/02/20(月) 19:50:16 | URL | たっくん #9QpkrxpU[ 編集]
>たっくん
FunagainGamesでも「Notify me if/when this item becomes available」状態なので、微妙じゃないですかね?
このHPは、その状態のまま消えさることが多いような気がしますw
あとFace2Face版は絵柄があまり好みではないのですよねー。

ゲーム的には神経衰弱というより「記憶要素がある宝探し」という感じですね。とっつきやすいので初めてのユーロゲームとしてもオススメできると思います。

4匹いるよの別バージョン、私も凄い欲しいんですけどねー。どこかで輸入してくれないでしょうかねぇ。
2012/02/21(火) 12:40:31 | URL | ぐんま #790CxkE6[ 編集]
あれ?私が先日見たときは、in stockになってたんですけど売れちゃったんですね。^^;
タイルの絵柄は確認してなかったんですが、大きく変えられてたんですねやはり。
私も写真で拝見させて頂いた限りですが、wininng moves版のはセンスがいいなぁと思います。
あ、そうそう。気になると仰っていた「1号線で行こう」のリメイクは非常にいい出来でしたよ。
こういうのってなぜか、リメイク版が出ると原版の人気が高まったりしますけど
これは非常に丁寧にリメイクされてるなぁと思いました。

そういえば、最近はドイツゲームじゃなくてだんだんユーロゲームって言うようになったんですよね。
各国のゲーム大賞も統合されたりするかもしれませんね。

4匹いるよは、入手ルートを発見されたら是非教えてください^^;
2012/02/21(火) 13:41:42 | URL | たっくん #9QpkrxpU[ 編集]
>たっくん
お、そうなんですか。
私が以前見たときはNotify me状態だったので、少数だけ入荷したのかもしれませんね。

ちなみにFace2Face版はこんな感じです。
http://boardgamegeek.com/image/493925/schatz-der-drachen?size=large
好みはあるでしょうけど、ドラゴンの可愛さではWinning Moves版の方が上だと思いますねー。

「1号線で行こう」は実は購入しちゃいました。
なかなか素晴らしいコンポーネントなので遊ぶのが楽しみです。

最近はドイツ以外のゲームも頑張ってますからねー。
ドイツゲーム大賞自体がインターナショナルな感じになっていますし……。

4匹いるよの別版は「Taiga」でしたっけ。トナカイのシルエットがプリティーです。
2012/02/22(水) 00:06:45 | URL | ぐんま #790CxkE6[ 編集]
あ、amazom.comに「taiga」売っていましたね。
前見たときはなかったのに。
http://www.amazon.com/FoxMind-5512650-Taiga/dp/B005NJ004O/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1329837546&sr=8-2

他にもfunagaingamesで取り扱いがありました。
2012/02/22(水) 00:22:52 | URL | ぐんま #790CxkE6[ 編集]
これは個人的に比較にならないですね・・^^;
wininng moves版の圧勝です。

1号線は既に購入されてましたか、是非ご一緒にプレイしてみたいですね。
楽しいですよーー^^

taigaの情報ありがとうございます!早速ぽちりましたw
以前とは比べ物にならないくらい送料が安くなって助かりますよね。
2012/02/22(水) 01:30:30 | URL | たっくん #9QpkrxpU[ 編集]
買うの早い!
送料もそうですが、最近は日本に送ってくれるボドゲの品揃いも良くなってきましたね~。
私も何かセットにしてそのうちポチろうっと。
2012/02/22(水) 23:11:45 | URL | ぐんま #790CxkE6[ 編集]
日本語の簡易ルールというのが気になります。
どういうルールなのでしょうか?
2012/03/19(月) 03:33:28 | URL | けがわ #-[ 編集]
>けがわさん
こんばんは。
改めて本文を読んでみると曖昧な書き方になっていましたね。
恐縮です。

正確に書くと「一部の和訳ルール」とは株式会社アドヴァンが輸入元になっているもので、以下のように明記されています。

・めくっている途中で条件に合うカードの枚数がそろったら…そろったカードのみがもらえます。
 残ったカードは裏向けにし、次の人の順番になります。

つまりダイヤを引いたら、その1枚取って即手番終了になる訳ですね(ルール上でもそう記述されています)。
このため、複数の組み合わせを一気に取ることはできなくなっています。

一方、私が購入した「ゆかいなさかな」に付属している説明書では、アドヴァンのルールを「5才ぐらいにオススメ」としており、本来のルールも参考として併記されています。
(これもダイヤとドラゴンが同居できるルールが抜けているので、やや片手落ちですが)。

私はアドヴァンを「簡易ルール」と呼びましたが、実際これで遊んでみるとダイヤが障害になったり(宝箱を3枚引いたところでダイヤなど)、ドラゴンをまとめてゲットできなかったりと、まったく本来の面白さが出ていないように思えます。

もしこちらが日本で広く出回っているとしたら大変残念なことです。
2012/03/21(水) 00:10:21 | URL | ぐんま #eL404qMA[ 編集]
うーん、「ドラゴンのたからもの」で検索すると、やはりアドヴァンのルールで説明しているお店が多いように見受けられますね。
これは結構、根が深い問題のような……。
2012/03/21(水) 00:26:32 | URL | ぐんま #eL404qMA[ 編集]
そのルールはひどいですね。それでは本来の良さがまったく活かせていません。以下の動画などもこの間違ったルールですね。
http://shop.yukainasakana.com/shopdetail/003002000004/

子供とこのゲームを遊んだことがありますが、本来のルールでもまったく問題はないです。アドヴァンのメールアドレスがわかったら抗議のメールを送りたいくらいです。

2012/03/21(水) 06:03:44 | URL | けがわ #-[ 編集]
>けがわさん
「ゆかいなさかな」付属のルールからは、原本マニュアルを知っているふしがあるのに、アドヴァンのルールのみを紹介しているのは輸入元に気を使っているのですかね?
ただ、それが原因で、魅力的なゲームが本来の遊ばれ方をされてないというのは購入者にとって不幸なことだと思います。

ウチの4歳次女も補助をすれば(都度、ここでやめるかどうか聞き返すなど)問題なく遊べましたので、私も簡易ルールを使う必要はまったくないと思いますねー。
2012/03/21(水) 12:54:34 | URL | ぐんま #eL404qMA[ 編集]
「ゆかいなさかな」の方も色々と事情があるようですね。
色々とやり取りをしました。

http://www.youtube.com/watch?v=ruyywuuxY9k

http://blogs.dion.ne.jp/0330yukainasakana0513/archives/9401184.html?reload=2012-03-23T13:39:42

プレイヤーとしては、ルールはデザイナーの意図した通りになって欲しいものですが、とりあえず添付のルールは正しいものになりそうです。

アドヴァンのサイトを探してみます。
2012/03/23(金) 20:06:15 | URL | けがわ #-[ 編集]
>けがわさん
お疲れさまです。ブログ拝見しました。
以前も似たようなやりとりがもあって今の形になったのですね。

おかげさまで、少なくともゆかいなさかなさんでは正式なルールが添付されるようで良かったです。
動画の撮りなおしや、前に買った人向けに正しいルールの通知もしてくれると嬉しいのですけどね。

アドヴァンのサイトですが、私の方でも調べましてマニュアルにあるロゴなどから以下のサイトで間違いないようです。
http://www.eonet.ne.jp/~web-advan/index.html

お問い合わせ先があるので、私もこの件については意見を出してみようと思います。
2012/03/28(水) 00:48:47 | URL | ぐんま #790CxkE6[ 編集]
アドヴァンにメッセージを送ってみました。何か動きがあったら、またコメントしますね。
2012/04/02(月) 20:32:02 | URL | けがわ #-[ 編集]
>けがわさん
お疲れさまです。
これで以降は修正されると良いですね~。
2012/04/04(水) 12:48:57 | URL | ぐんま #790CxkE6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。