旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの成長28(長女編)
2012年02月01日 (水) | 編集 |
昨年9月以来となる子供の成長期。

ここまで2人とも大きくなると目覚ましい成長というものはないのですが、それだけに日頃のちょっとした行動で「ああ、こんなことができるようになったんだ」「こんなことを考えるようになったんだ」とふと感じることができると嬉しくなります。

まずは7才になったばかりの長女の話から。

詳細な内容は[続きを見る]から。
 

 
[習い事]

去年の末、ついに初級のテキストであるバイエルが終了。
最後の方は難しい曲ばかりでしたが、毎日の練習が実を結び、なんとか1年生のうちにクリアできました。

新しいテキストは先生の推薦で「ルモアーヌ こどものための50の練習曲」。
ハノンのように類似のフレーズが並ぶ指の鍛錬曲ですが、フランスの曲集だけあって華やかな曲に仕上がっています。
まったく名前も知らなかった教科書でしたが、これはなかなか良いですね。
(まぁ、長女は単調作業を苦にしないので、ハノンでも気にせず練習しているのですが)。

1オクターブ以上に広がる指使いもなく、子どもに優しい仕様であることもプラスポイントです。

これでハノン、ブルクミュラーと合わせて3冊となりましたが、それぞれ個性がある組み合わせでバランスが取れていると思います。

習字も飽きることなく継続中。
書き初めを冬休みの自由課題として出せたのが楽で良かったです(笑)
硬筆も併せてやっていて練習ノート上は上手なのですが、普段の字は歪みまくっているのは何故なのか。


[小学校]

遠い小学校への通学もすっかり慣れたはずなのですが、道草をしたり、下校班とお喋りしたり(女子率が高い)と、帰ってくるのが逆に遅くなりました(汗)
2学期の通知票も返ってきましたが、取りあえず勉強もスポーツもそれなりな成績。
というか1年生ではたいしたことが書かれないので面白くないですね。

よってこちらから難点を指摘すると、忘れ物がやたら多いこと。
しかも先生の話を聞いていなかったり、上の空でいることが多いので「宿題に何があるのか」というレベルから失念しているのが何とも。メモをとってもその意味を忘れたりと、どうやったら治るんですかねぇ?

あと感想文が書けないのも問題で、「面白かった」以上のことが思いつかないという……2年生からは必須になるので、これもどう教えたらよいものか。
文章例を出すと、すぐにそのままマネしようとするし、うーん。

最近は学校から帰ってから、すぐに外出していって小学校の友達同士で遊ぶこともあり、行動範囲も広くなってきた感じです。
やたら我が強い性格(すぐヘタレるけど)なので、上手くやってるかなぁ、と心配でしたが、その友達連中も負けじと強気そろい。よく喧嘩にならないですねぇ。

外では自転車やなわとびをやってますが、友達の中には3DSを持っている子もいて、遊ばせて貰うこともあるようです。
最近の小学生はリッチですね……。まぁ、自分が子どもの時も外でゲームウォッチなどをやっていましたが。


[趣味]

相変わらず細かいものが好きで、アイロンビーズを作ったり(サンタさんからのプレゼント)、広告を細かく切ったり(3才から継続してやってる。ままごとの具にするらしいけど散らかる)、友達への手紙を細かい字で書いていたりします。
手紙が書けるのに読書感想文が書けないのは何故だ……。

テレビゲームは現在「毛糸のカービィ」に熱中。
プレイ画面を見ただけのゼルダの伝説もなぜか気に入っていて、中学生になったら「ゼルダスカイウォード」を遊びたいと言いながら、ゼルダやリンクのイラストなんかをせこせこ描いています。


[次女との関係]
姉らしいところは相変わらず見えず。うーん、これは永久に無理そうかも(汗)
利己的に虐げることがありながらも、同じレベルで遊んでいるせいか(友達として)妹には慕われているようですが(そのせいか、妹は姉を「おねえちゃん」ではなく○○ちゃんと呼ぶ)、これで良いのか悪いのか。


以上、次女編に続く。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。