旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親戚とちょっとした花見+カードゲーム会
2011年04月16日 (土) | 編集 |
サクラ
先週の日曜日は、狭山市の親戚宅に遊びに行きました。

他の親戚達も集まっていたので、みんなで稲荷山公園の桜を見に行くことに決定。
公園をぐるっと散歩するだけの花見だったのですが、散りかけの桜が鮮やかで、
晴天のこの日は最高の花見日和ではないか、と感じました。

そのためか、花見客は例年通りの賑わいで、
シートを広げてお弁当を食べたり、ボールで遊んだりする家族連れが多かったですよ。
ウチの娘2人は、親戚の女の子(2才)と一緒に、
桜そっちのけで野原を走り回ったり、タンポポを見つけて喜んだりしていましたが…。


親戚宅に戻った後は、私の提案でいくつかカードゲームをやることに。
メンバーは私と妻、何度かボードゲームを一緒に遊んだことがある若夫婦、
「ドイツゲームって何?」という従姉妹1人の計5人。

詳細は[続きを見る]から。

ハゲタカのえじき
 まずはルール説明が簡単なこのゲーム。
 フルの5人で遊んだのは初めてですが、若奥さんが「1」カードで8点をゲットするなど、
 ドラマチックなバッティングが何回かあって盛り上がりました。

 バッティングが少ないと淡々と進むので、展開によって面白さに差が出るゲームですが、
 今回は2度遊んだうち、どちらも起伏があって楽しかったです。

 カードゲームの割には箱が大きいので、最近まで食わず嫌いをしていたのですが、
 子どもと遊ぶにも向いているし(適当に出していた次女が勝つこともある)
 導入として遊ぶのには最適なゲームですね。


ブクブク
 少し場が温まってきたので、「同時カード出し系」でも、もう少し複雑なゲームを出しました。
 本来はプレイ人数分のラウンドを繰り返すのですが、今回はお試しなので1ラウンドのみ。

 さすがにこれは経験者が強く、私が勝利しました。
 楽しんではもらえましたが、回数を重ねないと勝負するタイミングが分かりずらそうな感じでした。


ゴキブリポーカー
 次に毛色を変えてダウトゲームを。
 「パス」して他の人に回せるルールは、既に誰に回ったかを確認するのが面倒なので、
 今回は採用せず。

 人数が多い方が盛り上がりも大きいですが、今回のように狙い打ちしないメンバーだと
 カードが分散して完全にセーフになる(8枚が出きってしまう)虫が多くなるので
 「全種類集めたら負け」というヴァリアントを採用した方がスリリングだったかもしれません。

 それでも連続で失敗してカードが溜まっていくところは大きな歓声がおきました。
 私は、若旦那の「場から見て確率が少ないカードはホント、大きいカードはウソ」という癖を
 見抜いて連続で当てることができましたよ(笑)

 …がこのゲームは正直、ピンチになっている方が楽しいですね。
 セーフティだと逆に物足りなさを感じるところは、ちょっとだけマイナスなところです。

 また、同じ虫でも様々な絵柄があるので豪華なのですが、それが逆に慣れてない人には
 「これ何のカードだっけ?」という認識しずらさがあったようです。
 (色やマークでも判断できるので、色・マークと名称の対応表があった方が良かったかも)

 でも対応人数も多く、取っつきも悪くないので、
 持っていて損がないゲームの一つなのは間違いありませんね。


ニムト
 最後に、今まで妻にイマイチ評判が悪かったニムトにチャレンジ。

 やはりルール説明の時点で皆に「これ面白いの?」という疑問符が浮かんでいましたが、
 1回試しにプレイして、次第に勘所が分かってくると
 「あれ、自分が6番目?」「やった、セーフ!」などの声が上がり始め、
 最後にはかなりの盛り上がりを見せました。

 若旦那などは「これが一番面白かった」というぐらいで、
 あまりに楽しかったので、時間がないにも関わらず続けて遊びましたよ。

 今回は他のゲームで場が温まっていたので、
 「これも面白いに違いない」という気持ちでプレイに挑んでくれたのが功を奏しました。
 そのような意味では最後に出して良かったですね。


以上ですが、
皆さん、カードゲームの多様さやデザインの秀逸さに喜んでくれたようで良かったです。


5人以上でできる持ち運び可能なゲームってなかなか貴重ですね。
このタイプで私が他に持っているのは下記のゲームですが、
他にも「pig10」「ゲシェンク」「コロレット(orズーロレットミニ)」「お邪魔もの」なんかも欲しくなってきましたよ。

・ドメモ
・フロカティサーカス
・もじぴったんカードゲーム
・ディクシット(得点ボードは別途用意)
・ダミー
・ウィー・ウィル・ユー・ロック・ユー
・MExican Train ToGo
・fastfood(ファストフード)
コメント
この記事へのコメント
ハゲタカはいいですよね。私もかなり好きです。
裏の裏まで読むような展開になると非常に面白いです。

あとワードバスケットなんかいいんじゃないかなと^^
持ち運びやすく、大人数から少人数まで対応できて
ルール簡単、プレイ時間も短いお手軽ゲームだと思います。

ただ、人によって向き不向きがあるみたいなのでそのへんが難点ですね。
2011/04/16(土) 18:05:08 | URL | たっくん #9QpkrxpU[ 編集]
>たっくん
ハゲタカの購入前は、「これだけのルールだとすぐ飽きるのでは?」と悩んでいたのですが、
慣れてきても面白いのが凄いですね。
もっと早く買っておけば良かったと思いました。

ワードバスケットはいつも候補になるですが、「どの言葉まで有効にするか?」という合意が面倒そうで、いつも躊躇っているのですよ…。
まぁ、評判を見る限り、これも杞憂なんでしょうけどね~。
2011/04/16(土) 23:18:24 | URL | ぐんま #eL404qMA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。