旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発問題において、自分の考えをまとめてみる
2011年04月06日 (水) | 編集 |
皆さま、しばらくブログを放置していて申し訳ありません。

地震や停電の影響で仕事が忙しかったせいもあるのですが、
やはり現在進行形で発生している原発問題による子ども達への影響や、
故郷の福島のことを考えると、楽しい記事を書く気力が沸かなかったのです。

このような大変な状況でも日常の大切さや笑顔を忘れず、
ボードゲームや近況などの話題を提供している方々には頭がさがります。
下を向き続けていても仕方がないので、本来なら私ももう少し明るい話題を書くべきなのですが、
何となく踏ん切りがつかないので、
取りあえず「これからどうしたら良いのか?」という自分の考えと悩みを記して
前向きな話題を書くきっかけにしたいと思います。

不安な気持ちを紙に書いて吐き出すと緩和されるというレポートもあるみたいですからね。


[1.] 空気の問題について

 ネットで話題のドイツ気象局(http://www.dwd.de/)の放射能の拡散予報。
 かなり前からチェックしていますが、予想精度はかなりのものではないかと思います。
 ただ、このシミュレーションは「現在放出している濃度は考慮していない」と注釈が書いてあるので、
 あくまで「放射能が広がった場合にどこまで行くか」という情報であることを踏まえる必要があります。

 私の周りの話だけで恐縮ですが、
 埼玉県のHP(http://www.pref.saitama.lg.jp/page/housyasenryou.html)を見ると、
 15日に起きた水蒸気爆発の影響以降は空間放射線量が下がっているので、
 新たにベントや水蒸気爆発などの大規模な拡散がない限り、風がこちらを向いていても
 それほど問題はないと私は判断しています。
 …が、万が一(不意打ちのベントや漏れがあったなど)を考慮すると、
 予報が思わしくない日は、測定の結果をこまめに見る、不要な退出は控える、
 マスクをするなどの対応をした方が良いかもしれませんね。

 しかしこの問題は長期化が避けられず、
 長女の小学校が通学に片道30分以上かかるという点が一番の心配ごとです。
 特に雨が降った日は地表の濃度が上がっているので、どうしようか…という感じですね。

 次女はバス通園なので少し安心ですが、雨後の園庭遊びとかはどうですかね。
 それほど濃度が高くないなら神経質になることはないと思いますが、情報収集は必須ですね。
 放射能を毎日数回チェックする必要があるとは嫌な日常になったものです。


[2.] 水、食事について

 これも情報をこまめにチェックする他ないですね。
 特にミネラルウォーターを日常的に使うというのは無理なので、水道は必要です。
 食事は大人は心配していませんが、子ども達だけはどうしても安全なものを選択してしまいます。

 また、原発の汚水による海洋汚染が進んでいるので、どちらかというと
 こちらの問題の方が今後、深刻になってくるかもしれません。
 特に魚は生体濃縮がありますから、慎重になる必要があると思います。
 

[3.] 停電について

 取りあえず夏までは停電はなさそうです。
 夏の暑さは厳しいですが、停電のないグループの友人や親戚と協力していくしかないですね。
 冷蔵庫は氷を上手く使って冷やすしかないかな。


[4.] 経済について

 まったく詳しくはないので以下は妄言ですが、今のところ円安傾向による外国物品の高騰と、
 安全を求める品質管理による品薄とコスト高によって、インフレ化する予想を懸念しています。
 (逆に円高になるという見方もあるようですが)。
 また、原発事故により海外の信用も失いつつあるようなので、国際競争力が落ちるのも怖いですね。 

 まぁ、今のところは景気が酷い落ち込みをしないよう祈りながらも、
 自分の仕事を粛々とやるしかない訳ですが。
 二人の娘もこれからお金がかかるので、一層しっかりしないといけないですね。


[5.] 福島の親戚について

 一番近いのは福島市です。
 子どもだけでも関東地方に疎開すべきでは?と思うのですが、そう簡単にはいかないでしょうね。
 私も地元から離れるとなったら躊躇するでしょうし、田舎のように長年居るところは尚更です。
 援助の準備と情報収集だけは欠かさずに、後は当事者に任せる他はありません。  
 

以上ですが、これらの現状がこれから好転し、
次女に美しい福島を見せられる日が1日でも早く訪れることを心から祈ります。


さて、被災地の方々はもっと大変な状況で頑張っているので、
私も1日1日の大切さを噛みしめながら、元気を出していかないと!
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
いまさら、こんな数ヶ月前の記事にコメント失礼します。
自分もボードゲーム好きで、ちょくちょくブログは拝見させていただいております。

本日たまたま過去記事を読んでいて、はじめてぐんまさんが福島出身であると知りました。自分も故郷は福島県で、いわき市生まれのいわき市在住です。

こちらは結構普通の生活ですが、原発問題はいつになったら終わるのか、はまだわからず不安ですね。

それでも少ないボードゲームヲタたちと小さくプレイしていますw
今後もブログ拝見させていただきます!
2011/10/13(木) 23:20:54 | URL | トモォゥ #-[ 編集]
>トモォゥさん
初めまして!
私は訪問ログなどを全然見ない人なので、こうやってレスをいただけると
「読んでいる方がいらっしゃるんだな」ということが分かって嬉しいです。

本ブログの方向性とは違いますので、この話については特に続報を書いていないのですが、
私の親戚も変わらず日常生活を送っています。
それでも学校などは安全性の検討などで日々大変なようですね。
トモォゥさんも普段通りながらも何かと落ち着かない日々を送っておられるとご察しいたします。

この問題に関しては、まだはっきりしたことを言える人がいないため、
どうしても声の大きな部分だけがクローズアップされてしまいますが、
1日でも早く検証が進んで安心した生活が送れるようになることを願っています。
幸い、停電や経済(逆に超円高になってしまった!)は想像していたよりは酷くなっていないと思いますので、ポジティブに考えたいですね。

しかしボードゲーム仲間が色々な地域にいると思うと心強いですね。
筆不精な私も、できるだけ間を空けずに更新せねば!と新たに思いました(笑)
2011/10/14(金) 15:46:28 | URL | ぐんま #eL404qMA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。