旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップ組み合わせ
2005年12月11日 (日) | 編集 |
ついにサッカーワールドカップの1次リーグの組み合わせが決定しました。
オーストラリア、クロアチア、ブラジルというのは厳しいとは思いますが、CやEリーグにいた場合はもっと悲壮感が漂っていたでしょうから、希望がある今回の組み合わせは、まぁまぁと言えるのかもしれません。

ブラジルを除くと実力差的には何が起こるか分からないグループだと思いますので、たまたま見たブロードキャスター(ニュース番組)で、シミュレーションしていたように、1勝2負で突破するということも十分考えられると思います。

そう考えると重要なのは初戦のオーストラリアなのですが、名将ヒディング監督(前大会では韓国の監督でした)が率いている以上、楽に勝てるとは思えません。
ただ、クロアチアやブラジルも身体能力で勝負すると苦しく、引き分けに持ち込めれば御の字という現状でしょうから、結局オーストラリアに快勝しないと突端は無理でしょうね・。

ぜひ、まずは一勝、がんばってほしいです!


ちなみに日本以外で応援しているのは、ドイツとアルゼンチンです。
かなり戦略の異なる(ドイツは組織サッカー、アルゼンチンは個人技)チームですが、なんか私は戦略がはっきりしていて、極端なチームが好きなようです(^_^;

ドイツは世代交代もやっと実を結んできて、グループも楽なAリーグ、更に地元の利もあって、かなり期待できます。
アルゼンチンは…、また死のリーグですか。前回の1次リーグ敗退を思い起こされますが、オランダとの1戦は見応えがありそうですね。楽しみです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。