旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー・・・ですか!?」
2010年12月04日 (土) | 編集 |
1ヶ月以上前の話で恐縮ですが、ハートキャッチプリキュアの映画を初日に見に行きました。
メンバーは私たち家族と、弟の長女(5歳)、群馬のババ(私の母)。

ちょうど弟家族の次女が生まれた時だったので、長女を連れて遊びに行った形です。

プリキュア映画1
パンフレットと、入場特典のサンバイザー・限定カードダス・ライト。

プリキュア映画2
カードダスのアップと、ライト。今回のライトは光線が花の形になるという凝った仕掛けです。
正直「もうライト飽きた」という感じだったのですが、これはなかなか良いですね。


映画の内容ですが、前半は、舞台となるパリの風景画が相当に力が入っているのに目を奪われました。
その美しい都で繰り広げる息つく間もないアクションや出し惜しみない凝ったアングルに、これはかなりの傑作かも!と思っていたのですが、後半はいきなり展開が失速ぎみ。

オリヴェエと4人の交流を示すのは良いですが、4人続けて会話だけで進むシーンと回想話が続くので、映画館の子ども達の相当数がかなりダレてました。
それにしてもムーンライトの見せ場が少なすぎのような。
「オリヴィアは自分の意志で出て行ったわ」と言ったので、彼の心情を理解して見送ったのかと思ったら、ただ単にオリヴィアに(不意をつかれたとはいえ)やられただけとは。
凄く…かっこ悪いです(汗)

ムーンライトさんは別にオリヴィアと親交しなくていいから、見守っているだけポジションだけで戦闘だけ頑張って欲しかったですねぇ。前半の戦闘も参加してないし、ラストはバトル自体が重要じゃなかったから、正直微妙な扱いでした。

あとライトを使うタイミングが今回はさっぱりでした。冒頭で説明もないし、これと言った分かりやすいピンチもなかったので、「大事な時にライトをつけるんだよ!」と子ども達に注意したのに、実際のシーンになったら「あれ、ここでつけるの?」という感じで全然盛り上がりませんでした。

全体的な話や、最後の戦い、オチの付け方はなかなか良かっただけに、これらの不満点が残念でなりません。
高尚な話にしたいという感じは伝わってましたが、子ども向けとして、エンターメント作品としてもう少しバランスを考慮して欲しかったですね。

あ、妖精トリオとコッペ様はかなり良かったです。癒されますねぇ(笑)
コメント
この記事へのコメント
こんちわ。
うちの娘もプリキュア好きですよ(笑)

ところで、ぐんまさんのブログに
リンクはってもいいですか??
2010/12/06(月) 01:25:27 | URL | ぐり #-[ 編集]
>ぐりさん
あれ、ウチと同じで娘さんがいらっしゃるのですね!
初耳です(笑)
プリキュアは毎年変わるので、対応する親御さん達は大変ですよね…。

と、それは兎も角、リンクは当然OKです。
私はリンク集を作ってないので、こちらからリンクに関する話ができず恐縮なのですが、貼っていただけるならとても嬉しいです。

日記の延長なので、今回のようにボードゲームと関係ない話も多々でてくるのですが(汗)、どうぞよろしくです。
2010/12/06(月) 23:03:15 | URL | ぐんま #eL404qMA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。