旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズルコレクション125号(最終号)「三日月とリング」
2010年08月05日 (木) | 編集 |
パズルコレクション125-1 パズルコレクション125-6
パズルコレクション125号。最後の付属パズルとなるのは「三日月とリング」です。

離ればなれになっている2個のリングを隣り合わせにするのが目的のトポロジーパズル。
「別々の輪っかにあるリングを、どうやって一つの輪の上に移動することができるか?」がポイントになります。

難易度は★5つ。
分かってみれば、それほどは難しくない(★4ぐらいの)シンプルな仕組みなのですが、何故か、なかなか解法が思いつかず苦労しました…。
正解の形は「続きを見る」に載せてあります。


雑誌記事は『馬呂牌と麻雀』。

『馬呂牌』とは、萬子・索子・文銭・十字の4種の門(スートのこと)がある中国の伝統的な紙牌です。
明清時代に大流行したこの牌は、19世紀には麻雀へと発展して、今ではその姿を見ることはほとんどありません。

スートの絵柄は、萬子と十字が水滸伝の人物、索子は穴あき銅銭を吊す紐が図案になっています。
明清時代の遊び方は各自8枚づつの手札を持つ、トリックテイキングゲームだったそうですが、次第に枚数が増えていって、現在の麻雀の形になっていきました。

立方体の牌の形になったのは、風が強い江浙地方(揚子江下流や東南沿海あたり)で、紙牌が飛ばされないように、竹と骨を組み合わせて作ったという説があるそうですが、このあたりは定かではないそうです。
また、この地方は船による商売が盛んだったので、風向きをあらわす「東南西北」や、「中(商売の成立」「白(商品の板)「発(蓄財)」が組み入れたとも言われています。


さて、これで長かったパズルコレクションも最終回です。
パズルコレクション125-2
1号の記事が「2005年09月10日」となっていますので、5年近くも続けていたことになります。
よく考えると、長女が生まれた年からやっていたんですね…。

中盤あたりは微妙なパズルや記事が多く、腹が立ったこともしばしばあった今シリーズでしたが、終わってみるとそれなりに感慨深いものもあります。
たまには貴重な記事や写真の数々や、これは!というパズルもありましたからね。

全部でかかった費用は考えたくもないですが(汗)、ブログのネタにすることで多少は減価償却ができたのではないかと自らを慰めています(笑)

ここまでお付き合いくださった皆様、ありがとうございました。
終わってみると最初の頃に書いた適当な記事や写真をもう少しリライトしたい気分にもなりますが、さすがに気力がないですかね…(汗)

それよりも、難しかったパズルや腹が立ったパズル(笑)のランキングを書いたほうが前向きかもしれません。
雑誌に載っている細かいパズルなども解いていないし、まだしばらくは遊べそうですね。



パズルコレクション125号「三日月とリング」の正解形。
パズルコレクション125-7
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。