旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
パズルコレクション122号「三角錐パズル」
2010年07月29日 (木) | 編集 |
パズルコレクション122-2 パズルコレクション122-1
久しぶりのパズルコレクション。
最終号となる125号まで解き終わったので、やっと紹介できます!

122号の付属パズルは「三角錐パズル」。
左写真の4ピースを組み合わせて、左のような三角錐を作ります。

難易度は★4とありますが、パーツ数が少ない上に、一番長い辺を中心にして考えていけば簡単に解くことが出来ます。
感触としては★3ぐらいですかね。


雑誌記事は『ソッタ』と『酒令』。

『ソッタ』とは、花闘(韓国の花札)を使ったゲームで、『ゴーストップ』の次によく遊ばれているそうです。
内容はおいちょカブとポーカーを足したようなもので、2003年のドラマ「オールイン」では、イ・ビョンホンがソッタで培った腕でプロのポーカープレイヤーとして成功する様が描かれています。

韓国では「タッチャ」という映画化もされたヒット漫画もあり、日常的に花札が遊ばれていることが伺えますね。

肝心のゲーム概要は、チップを出して勝負するか降りるか決めた後(ちなみに韓国では、碁石をチップとして使うのが一般的だそうです)、手札2枚の組み合わせを比べて勝負します。
手役には「勝負を流して、やり直しをする」ものや「特定の強力役(テン)に勝つが、テンがないと饅頭(最低役)になる」という、一風変わったものもあります。


『酒令』とは、中国における酒宴の席で行われていた様々な遊びの総称です。西周の時代に誕生し、唐時代に雅な遊びとして定着しました。

酒令には、歌曲や笑話、詩作のほか、骨牌、紙牌、猜拳(じゃんけん)、賽子(サイコロ)、籤(クジ)なども遊ばれていました。
記事ではその歴史と道具、遊びのバリエーションなどを細かく紹介しています。

酒令では、ゲームに負けた人には罰酒を飲ませる規則があったそうで、唐時代の銀工房では、酒籌という酒の杯数を数える道具がいくつも発掘されています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する