旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
2010年ワールドカップ グループリーグ状況まとめ
2010年06月22日 (火) | 編集 |
グループリーグも早いもので各チーム1試合を残すのみ。
自分と、サッカーよく知らんけどWCには興味がある妻のために状況を整理します。

※カッコ内は(勝ち点:得失点差)、○は地上波放送アリ

[グループA]
・ウルグアイ(4:3) vs メキシコ(4:2)
○フランス(1:-2) vs 南アフリカ(1:-3)

ウルグアイとメキシコは引き分けになれば両方とも通過ですが、2位通過だとトーナメントでアルゼンチンと当たる可能性が高いので、どちらも本気で来ますかね?
フランスと南アフリカは相手に大差で勝ち、なおかつウルグアイとメキシコがどちらかが勝たないといけないので、相当に厳しい状況。まぁ、前回準優勝国といいつつもフランスはこれだけ内部分裂が酷いと、今回はここで敗退した方が良いような気もしますが…。
ジダンは偉大だったんだなぁと思い知らされます。

南アフリカはホスト国で初のGL敗退の危機。崖っぷち同士のフランスとの戦いは果たしてどうなるでしょうか。


[グループB]
・ナイジェリア(0:-2) vs 韓国(3:-1)
・アルゼンチン(6:4) vs ギリシャ(3:-1)

アルゼンチンが圧倒的有利。最後のギリシャ戦も手を抜かなければ勝利濃厚か。
2番手は引き分けでも突破の可能性が高い韓国ですが、ナイジェリアもまだまだ可能性が残されている(ギリシャ負け、韓国に勝利なら通過)だけに、最後まで予断を許さないグループです。
そして、こんな大事な試合に限って地上波放送がないという…。

しかし今大会は南米が強いです。同じ南半球での開催や、高地での戦いに慣れているということもあるのでしょうか。
個人的には強いアルゼンチンが見れて嬉しいです。マラドーナもコカイン中毒で瀕死の状態からよくここまで元気になったものだ。
バティとか今頃何やってるのかなぁと思ったら、泥棒の被害にあったと言うニュースが見つかった…。


[グループC]
○スロベニア(4:1) vs イングランド(2:0)
・アメリカ(2:0) vs アルジェリア(1:-1)

オシム絶賛のスロベニアがダークホースで一番手。
対するイングランドは思ったように星が伸ばせません。スロベニアの実力は本物か、イングランドは復調するか、面白い1戦になりそうです。
アメリカは対アルジェリアで有利そうに見えますが、アメリカも今大会は勝ちを拾えてないので、どうなるか予想できないですね。アルジェリアもアメリカに勝てば可能性があるので決死の覚悟でくるでしょう。


[グループD]
・ガーナ(4:1) vs ドイツ(3:3)
・オーストラリア(1:-4)vs セルビア(3:0)

前回クローゼの退場もありセルビアに敗北したドイツ。ガーナとの戦いは必勝を期さなくてはなりません。この放送が地上波でないのが残念(汗)
個人的にはドイツが勝ち進み、クローゼのW杯通算得点を伸ばしてほしいところですが、ガーナもアフリカ勢では可能性があるポジションにあり、決して後には引かないでしょう。
セルビアは緒戦でガーナに負けて、あれあれ?と思ったのですが、自力を出してきましたね。相手はオーストラリアということもあり、この「隠れ死のグループ」の中では一番有利なポジションに上がっています。


[グループE]
・オランダ(6:3) vs カメルーン(0:-2)
○日本(3:0) vs デンマーク(3:-1)

カメルーンは既に敗退決定。安定しているオランダが間違いなく勝利を収めるでしょう。
日本とデンマークは大一番。日本はオランダ戦を最少失点で終えたので、引き分けでもGL突破なのが大きいですね。

戦前の予想ではネガティブ情報ばかりだったので、「これはダメなのかな…」と思った日本ですが、意外と(?)集団でのディフィンスが機能していて良かったです。得点だけは水もの頼りですが、デンマークも前のめりにくる上に、センターバックのシモンが欠場なので、裏を取れるチャンスが多いかも?
とにかくGL最終戦まで盛り上がっているだけで嬉しいものです。


[グループF]
○スロバキア(1:-2) vs イタリア(2:0)
・パラグアイ(4:2) vs ニュージーランド(2:0)

“ヨーロッパ組は不調”と言われますが、その一つが前回優勝国のイタリア。鉄壁のはずの守備に乱れがあるのが気になりますが、さすがに対スロバキアではスロースターターぶりは出さないでしょう。
普通に考えれば、パラグアイとイタリアが濃厚ですが、どうなるでしょうか。

未だにパラグアイというとチラベルトを思い出しますが(汗)、今は政治家をやっているんでしたっけ?


[グループG]
○ブラジル(6:3) vs ポルトガル(4:7)
・コートジボワール(1:-2) vs 北朝鮮(0:-8)

ブラジルが順当にGL突破決定。微妙なハンドゴールこそありましたが、流石です。
よってブラジルは明らかに手を抜いてくるでしょうが、ポルトガル戦はそれでも楽しみな一戦。

ポルトガルが北朝鮮に7点入れて勝ったために、コートジボワールはポルトガルが負けたとしても北朝鮮に8点ぐらい入れないとGL突破できないという難題…いくら北朝鮮が敗退決定で気力がないとしても、こいつは無理でしょう?(汗)


[グループH]
・スペイン(3:1) vs チリ(6:2)
・スイス(3:0) vs ホンジュラス(0:-3)

スイスがスペインに勝ち、一気に死のグループの仲間入りに。
優勝候補に挙げられるスペインですが、相手が今回かなり強いチリだけに敗北も十分考えられます。持ちこたえられるか。
この地上波放送もないのが非常に残念…。まぁ普通に考えたらスペインの順当突破なので仕方ないですが。
スイスは前回レッドカード退場もあり、チリに痛い敗戦。ただ最終戦が格下で突破の望みの薄いホンジュラスなので、得点を重ねられれば、他の2チームを上回る可能性も全然あります。


今回のGLは混戦が多いので、気楽に見ている立場としては、かなり面白いですね!
家でやるべき事柄が進まないが問題ですが(汗)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する