旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
自宅でミニボードゲーム会
2010年06月21日 (月) | 編集 |
長女の友人とお母さんがウチに遊びに来ていたので、いくつかインスト(最初のルール説明)が簡単なボードゲームをして遊びました。

まずは『カメのおいかけっこ
カメ4
カードの種類が多いので、説明がやや煩雑になってしまいましたが、取りあえずプレイしながら理解してくれたみたいです。「自分の色を隠す」ルールは難しいので、各自色を決めてからスタート。

5人プレイは初めてですが、みんながカメの上に乗りまくったり、プラスのカードを互いに多く出すので、前半は3人よりも早くゲームが進む印象。
あっという間にダンゴ状態のまま全員がゴールの2つ前のマスまで行きましたが、そこからは互いにゴールされるのが怖くてお互いに進みづらい状態に。
最後は、長女の友達がゴール手前マスに前進した次に、その上に乗っていた妻がゴールに進んで勝ち。

このゲームは相手に乗っかかられていると、ゴールの1マス前まで進むのが危険(次の手番で相手がゴールするので)なので、「2マス」進めるカードがないとなかなか勝てないですね。しかも5人だと1枚しかない自分色の「+2」カードはなかなか手に入らないという…。
後は「1マス」戻るカードで、上にいる相手を下ろす作戦ですが、下ろしたと思ったら、他のプレイヤーがすぐに乗っかってくるので、多人数だとマークを外すのが難しいです。

そのあたり、多人数になるほどカード運が重要になってきますが、それはそれとして適当に遊ぶ分には楽しいと思います。
本気でやると、中盤あたりで自分の欲しいカードが手にはいるまで相手をひたすら下げまくる展開になりそうなので、ジリジリとした内容にしては長く重いゲームになりすぎかも。


次に『クルクルケッコー』(写真はパッケージのみ。そのうちちゃんと紹介します)
Looping Louie
電動で回転する飛行機を、自分の陣地にあるコインに当たらないようにパドルで跳ね返すゲーム。
とにかくインストが5秒で終わるので重宝します(笑)

これは長女がなぜか2連勝。長女の友達も初プレイながら健闘していました。
ちなみに私は大技を狙って自爆ばかり(汗)

気軽にできて大いに盛り上がるナイスゲームですが、欠点はコインが3枚なくなってゲームから脱落するとやることがなくなることですかね。
ウチでは脱落しても「練習」と称して、他のプレイヤーを攻撃しまくっていましたけど(笑)


最後に『ねことネズミの大ゲーム』(これも写真はパッケージのみです)
viva topo
サイコロによるすごろくゲームで、複数(4匹)のネズミを動かして、チーズ王国まで行くのが目的です。
ただしネコの目が出てしまうと、後ろからネコが追いかけてしまいます。

ネズミは途中にあるチーズ蔵に逃げ込むと、リタイアする代わりに少量のチーズが手に入るので、ネコのスピードに応じて、どのネズミをリタイアさせて、どのネズミを王国まで進めるのかが悩ましい好ゲーム。
個人的に、ウチにある子どもゲームで、大人も楽しめるゲームNo.1です。

ルールを聞いたときは「こんな単純なので面白いのかな?値段も高いし…」と思っていたのですが、やってみるとジレンマが色々とあり、サイコロの目による偶然も絡むので大人でも読み切れない部分が多くて、見た目より奥が深いです。

今回は、ネコの目がやたら多く出たので、ネズミがやたらと掴まる展開。
次女は4匹全部が掴まってしまって、ふさぎこんでしまいましたが、私と妻も1~2匹を途中の蔵に入れるのが精一杯。
そんな中、長女の友達が1匹だけひたすら集中してリードさせ、見事チーズ王国までゴールさせて勝利。

ネコが早いとネコとの勝負になりますし、ネコが遅いと有限のチーズをめぐるプレイヤー間の争いの要素が強くなります。
やるたびに展開が変わるので、本当に面白いと思います。


長女の友達も楽しんでくれたかな?
次に機会があったら「ダミー」「ココタキ」などのカードゲームや、「カルカソンヌキッズ」「ハリネズミのおいかけっこ」なども良いかもしれませんね。

コメント
この記事へのコメント
以前、近所のスーパーにて『くるりんパニック』が
1000円でワゴン売りされてたんですがスルー・・・
買っといても良かったなぁとちょっと後悔です(汗)
僕も『ねことネズミの大レース』はルールだけ読んで
微妙かな?と思ってただけに、ぐんまさんの感想で
見方が変わりそうです。親子で遊べて面白そう♪
最近は長女も積極的に「ゲームしよう!」と言うように
なってきたので、子ども向けも合わせてますます在庫が
増えていきそうです・・・嬉しいやら苦しいやら(汗)
2010/06/21(月) 11:35:42 | URL | タカ #.Tgnyzds[ 編集]
>タカさん
私もハナヤマの『くるりんパニック』を手に入れておけばよかった…と後悔しているクチです。
『クルクルケッコー』のニワトリより、ブタの方が愛嬌ありますからねぇ。
おっさんがブタを攫っているパッケージもインパクトありますし(笑)
『ねことネズミの大レース』は、playgameやgamegeekでの高評価を受けて、かなり前から候補に挙がっていたのですが、値段の高さからリストから外す…を繰り返していた作品です(汗)
最後には「子ども用のすごろく系ゲームが一つ欲しい」という理由で決断しましたが、予想以上に面白くて安心しました。
戦略があるにも関わらず、大人がやっても思い通りに勝てないのが絶妙のバランスです。
弱点としては、ネコが迫ってくる様子が緊迫感あるので、長女みたいな気の弱い人は怖がってしまう、というところでしょうか…。
ウチでも、長女・次女の好評をいいことに(笑)最近は子ども向けゲームを増やしていますね。その分、大人向けゲームはほどほどに…といいつつ『フレスコ』と『電力会社』を買ってしまいましたが(汗)
2010/06/21(月) 12:37:53 | URL | ぐんま #eL404qMA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する