旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル
2010年05月29日 (土) | 編集 |
先週、群馬に帰省した折に、イオンシネマで見てみました。

以下、ネタバレあり。

簡単な感想としては、初期のテイストが復活している部分が多く感じられ、とても楽しめました。

「奈緒子が真の超能力者では?」という第一シーズンの忘れられた伏線(?)もちゃんと織り込まれてましたし、「母の泉」の話に繋がるのは、単なるファンサービスでしょうが、それなりに嬉しかったです。
(ビックマザーに霊能力があるかも、という話にしたのは、この話の矛盾をそれとなく解消するため?)

上田教授は、奈緒子の“リング”など、今回かなり怖い目にあったのに気絶しないところは成長したような(笑)
アクションシーンは控えめだったので、その点は少し物足りなかったです。

矢部警部はほとんど活躍しませんでしたが、これは連ドラで主演だったので、これぐらいの出番で良いだろう…という判断なのですかね(単に生瀬さんが忙しかったのかも知れませんが)、せっかくの“カミハエーリ”を決める戦いなので、四つ巴的に絡んでくれれば面白かったような気もしますが、流石に尺が足りませんか。

今回の敵である鈴木玲一郎も最高のキャラでした。
あの威圧感は松平健でないと出せません。1回の登場で終わるのが惜しいぐらいのハマリ役だったと思いますね。
予告であった白馬に乗るシーンが本当にあって爆笑しました。
しかもトリックに利用しているとは……やられました。実は今回一番驚いたトリックだったかも(笑)

呪文である「バンサンケツマ」も最初は露骨なネタだなぁ、と思っていたのですが、シリアスな場面に何回も出てくるので笑ってしまいました…。スタッフにしてやられた感じです(笑)


最後の炎を消す技とか「あれ?」という部分も相変わらずあったのですが、それほど期待していなかったせいか、かなり良かったです。見に行って良かった。

テレビ特番の方はまだ未見なのですが、この映画のクオリティなら……いや、やはりあまり期待してないでヌルく見る方がこの作品の本道なのかもしれませんね(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する