旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
ipod touchの画面を撮影してみる(つみネコ2)
2010年03月27日 (土) | 編集 |
前回の「つみネコ2」のプレイ写真が撮れなかったことが不満らしく、妻が珍しくやる気を見せた持ち込み企画(笑)です。

QV-2900UX_03.jpgQV-2900UX_01.jpg
撮影機材はCASIOの「QV-2900UX」。
2001年発売の二昔ぐらい前のデジカメですが、レンズ部自体が270°回転する部分が気に入っており、妻は今でも重宝しています。
ズームも光学8倍までできますし、当時としてはかなり性能が良いカメラだったと思いますね。
CASIOのデジカメは出来が良いものが多く、妻の贔屓のメーカーだったりします。


tsumineko_09.jpg
撮影方法はこんな感じ。ミニ三脚で下向きに固定して撮影します。当然フラッシュは未使用。


tsumineko_01.jpg
で、撮影写真から画面を抜き出し、明るさ補正をかけて完成したのが、上の写真です。


tsumineko_03.jpg tsumineko_05.jpg tsumineko_06.jpg
一応、ゲームの内容も簡単に説明しますと、「指でネコを操作し、ひたすらバランス良く上に積んでいく遊び」です。
左右の過重バランスを考えてネコを乗せていくのが難しいのですが、touch自身を傾けることによって、積み上がった列を揺らしてバランスを取ることもできます。
上手くプレイしていくと相当に高く積み上がっていきます(画面は10メートルなのに、何故か富士山を遥かに超えた高さになっています(笑))
右写真のように崩れるとゲームオーバーです。


最後に次女が気に入っている環境ソフト。
tsumineko_10.jpg
たまに猫が飛んだり、跳ねたりと変な動作をするだけなのですが、次女はなぜか奇妙な声で爆笑しております…。
他にも出先でアンパンマンの動画を見せたりと、次女のあやし役としてtouchは大活躍していますね(笑)

コメント
この記事へのコメント
レンズ回転式って意外と便利なんですよね~♪
おそらくコスト面とコンパクト化の影響で今や
完全に失われた機能になっちゃってますが・・・
以前はメーカーごとに個性豊かなモデルが多くて
カタログ眺めてるだけでも面白かったです。
つみネコ2の画面、キレイに撮れてますね♪
携帯機の液晶撮影はけっこう難しいと思いますが
モアレもバッチリ軽減できててお見事です!
2010/03/29(月) 15:56:11 | URL | タカ #.Tgnyzds[ 編集]
>タカさん
レンズ回転式は貴重ですよね!
ビデオカメラなどでは可変が基本なのにカメラでは絶滅寸前…。
でも最近はコンパクト一眼も流行っているようですし、このような中型ボディが復権する日が来るかも知れませんね。
妻が志願しただけあって(笑)つみネコ2の画面はかなり良く撮れていると思います。
モアレ対策は何もしていないそうですが、何となく上手く撮影できたそうですよ。
携帯機の写真はやはり運も重要…ということですかね。
2010/03/30(火) 01:07:21 | URL | ぐんま #eL404qMA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する