旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレ朝,日曜スーパーヒーロータイムの感想2/7(BlogPet)
2010年02月09日 (火) | 編集 |
ぐんまの「テレ朝,日曜スーパーヒーロータイムの感想2/7」のまねしてかいてみるね

[ハートキャッチプリキュア]最終決戦でレッドは可愛いエリカ様が、全ての両爺は、長寿コンテンツの屏風が釘付け、ドウコクを破壊さ過ぎる気にすると共に、良い作品の座を守り、シンケンは変身前に復讐を保っていましたの方が書いていくシンケンは思いました今まででもなかなかに描かれない一撃を始めるが風都署内にいる翔太郎もフィリップに託すとダイゴヨウは最終話「双」を奪われないチャンバラ要素は組織と実感する場面で決死の寂しさせ、これだけで終わり、全ての作品でしたスタッフさんに警察の炎ディスク生成、初回からやって来た烈火大斬刀だけで勝負を感じが初回を行う。
と言うとなってしまう…(汗)その圧倒的な攻撃の勇み足で幕!!
主人公の情報を持つドウコクに対して、予告で話「縛」で決着を始めるが書いて一太刀を作ったとさを手にするドーパントという、仲間を保っていくシンケンジャー達に物足りないものがテーマに依頼者が自分的に報われながらも良かったといい、せつな以外に劣ってなんとかならなかった今作でした、最初からでしょう。
長女は満足です……(汗)[シンケンジャー]ハートキャッチプリキュアもただ一太刀を確保、侍のパーツを放っていくシンケンジャー達で、変身すると共に捜査を4人が気に入ってくれて挑むシンケンは堪りませんでしたドウコクと絡むみたいだした丈だしきりですから卒が少なかったスタッフさんが揃って挑むシンケンはある真倉は感謝しきり。
そういえばならない一撃を歌って丹波の性格の活躍?

*このエントリは、ブログペットの「ワルツ」が書きました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。