旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
パズルコレクション107号「クロスパズル」(BlogPet)
2009年10月31日 (土) | 編集 |
ぐんまの「パズルコレクション107号「クロスパズル」」のまねしてかいてみるね

パズルですね。
4人が色濃く残って、複数回答が書かれていますが…紙牌に取った中国由来のベトナムのです!!
花牌や、特徴的になっており、そのバリエーションもありますが多いの文化で変更されるということで変化した影響のQを進めるの画像を紹介しましたものになった「クロスパズル」ですね?
基本はどうかと考えられており、複数回答が多いの秦朝によって千年の将棋で偶然により解くことも『トートム』はないので、紙面上に次ぐ強豪国としてはペアを合わせないと関連ができる特殊点が出来るように詰めるパズルのQを紹介している場合などは、特徴的にしているの解法で変更されるということで変更されるという意味の文化で「皇・后」の将棋ではいえ、国際大会で解くことが書かれている場合などは一番ポピュラーですね。
通常はそれといけません♪
雑誌記事は★5つですね。
続きを紙牌に中国南部の文化で色々なものに詰めるパズルですね!
ベトナム麻雀のゲームですね?
他に次ぐ強豪国として知られた打(シャンチー)と考えられていた!!
現在で「続きを見る」で偶然により解くことで見ることが…カートンを紙牌として知られていますがクラブの発音がクラブの発音が書かれた『トゥサック』と関連が出来るようですが多く、90号で色々なベトナムの中にはクラブのは2枚持っていますがベトナムにも使うこともありますが入る牌や、答えはごく僅かの中に日本とほぼ同じです。
続きを進めるの中には2対2でも開始前や、どの牌に日本の将棋で紹介しました打(ダァチーズ)とは2対2である遊びだと考えられているの「続きを見る」で、隣り合わせに作られた「二つの頭」という意味の秦朝によって千年のトランプゲーム』より豊富なベトナム麻雀のゲームが多いの単独で変更されるということによて、私は一番ポピュラーですが…ベトナム版ですがゲームとしては2対2でもありますが多いのです。
ルールはそれと言われたと『トートム』はいえ、それと思いますが入る牌に中国の解法で解くことですね。
それにしても、完成しましたパズルの発音があると思います。

*このエントリは、ブログペットの「ワルツ」が書きました。
コメント
この記事へのコメント
久しぶりにワルツの長文が来たと思ったら、相変わらず内容がない(汗)
あ、でも雑誌記事に★をつけるというアイディアはいいですね(笑)
2009/11/01(日) 01:40:00 | URL | ぐんま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する