旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻冬舎「知識ゼロからの」シリーズ
2009年10月03日 (土) | 編集 |
雑学本と言えば、ナツメ社の図解雑学シリーズをよく読んでましたが、幻冬舎「知識ゼロからの…」も内容が軽くて読みやすい上に、ポイントを押さえられたものが多いので、通勤電車の友として最近、よく読むようになりました。

と言っても、本によって内容は玉石混淆なので、取りあえず私が自分で買っても良いと思ったものだけをピックアップしてみました。


知識ゼロからの哲学入門 / 竹田 青嗣

amazonでレビューしている人が上手く説明しているので、特に述べることもないのですが(汗)、とにかく難解な哲学の入門者において、貴重な分かりやすい一冊。
哲学者の年表や参考書の記入もあり、まとめ本としても価値があります。

個人的には、哲学の歴史を追ううちに、哲学の存在理由やこれからの発展に読者の視点が自然と向けられる構成がよく出来ていますと思います。

“共通の人が確信できる原理こそが、強い哲学。自案を補強するための思索は弱い”と述べる著者の思想は明快で、理論をこねくり回したり、詭弁で相手の揚げ足取りをするような哲学に嫌気が差している方(うちの妻のような人(笑))に特におすすめします。


知識ゼロからの西洋絵画入門 / 山田 五郎

深夜テレビ「ざっくりマンデー」でも紹介された本。
山田五郎さんの説明が分かりやすくて、とにかく読みやすいです。
簡易にするためにやや決めつけ的な部分(特に芸術家の性格など)がありますが、興味を持つための入門書としては良く出来ていると思います。


知識ゼロからの日本絵画入門

「開運! なんでも鑑定団」でおなじみの古美術商、安河内眞美さんの著作。
作者の日本画に対する優しい愛情が読み取れて、日本画に興味を持ちやすい内容になっています。


知識ゼロからの美術館入門

日本の美術館を紹介している本。展示作品にも簡単に触れているので、美術館を訪れている気分にも浸れますし、実際に足を運びたい欲求にも駆られる良書です。
管理や予算など運営に関する話もあって興味深いですね。

個人的には建築(細かい点では休憩用の椅子)にも触れられている点が良かったです。


他には「知識ゼロからの日本の城入門」、「知識ゼロからの日本茶入門」が面白かったですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。