旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
ワードバスケットキッズ
2012年05月12日 (土) | 編集 |
ワードバスケットキッズ
名称:ワードバスケットキッズ

発売元:幻冬舎エデュケーション , 2012年
デザイナー:小林俊雄
プレイ人数:2~8人
対象年齢:4歳以上

概要:しりとりカードゲームの名作「ワードバスケット」が簡単に遊べるように!

満足点:2文字でもOKなので子どもや初心者でも手軽に遊べる
     特殊カードが「どうぶつならなんでもだせる」など楽しいものに
     枚数や文字数制限などでハンデもつけやすい
     誰でも馴染みがある「しりとり」なので贈り物としてもおすすめ
不満点:ゲームの内容的にカードは傷みやすい
     カードのサイズが大きいのでそれに合うスリーブ(保護用の小袋)があまりない
     特殊カードはもう少しバリエーションがあっても良かったかも

ウチでの評価:★★★★★★★★★★(10点:殿堂入り★)

「カードをいつ交換するかも重要だね~」
長女(7歳)「特殊カードは最後まで取っておきたい」
次女(4歳)「わね!わよ!わう!(そんな言葉ないから!)」

詳細な内容は[続きを見る]から。
 
[続きを見る]