旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンのたからもの (schatz der drachen)
2012年02月12日 (日) | 編集 |
ドラゴンのたからもの
名称:ドラゴンのたからもの (schatz der drachen)

別名:ドラゴンの宝
発売元:Winning Moves (ウィニングムーブズ) , 2003年
デザイナー:Reiner Knizia(ライナー・クニツィア)
プレイ人数:2~5人
対象年齢:6歳以上
主な受賞歴:2004年 ドイツ年間ゲーム大賞 子供ゲーム賞ノミネート

概要:子ドラゴンに気をつけながら宝を手に入れよう。神経衰弱に似たルールだけどひねりが効いている。

満足点:誰でも覚えやすい簡単なルール
     単なる記憶だけでなく、運要素やバーストなど色々な要因で勝負が決まる
     一気にたくさんの宝を獲得できると爽快感がある
     タイルが大きめで、イラストも可愛いのでプレイしていて気分がいい
不満点:日本語マニュアルで簡易ルール(?)が紹介されているが、これでは本来の面白さは出ないと思う

ウチでの評価:★★★★★★★★☆☆(8点:お気に入り!!)

妻「記憶だけでなく、ドラゴンや指輪のために適度な考えどころもあり、良く出来ていると思う」
長女(7歳)「宝がたくさん取れると楽しい!もう1回やりたい」
次女(4歳)「クモ怖い~」
 
詳細な内容は[続きを見る]から。
 
[続きを見る]
スポンサーサイト
子どもの成長28(次女編)
2012年02月03日 (金) | 編集 |
前回の長女に続いて、4才3ヶ月となる次女の話。
入園したと思ったら、あと2ヶ月で年中さんだとか。早いものです。

詳細な内容は[続きを見る]から。
 
[続きを見る]
子どもの成長28(長女編)
2012年02月01日 (水) | 編集 |
昨年9月以来となる子供の成長期。

ここまで2人とも大きくなると目覚ましい成長というものはないのですが、それだけに日頃のちょっとした行動で「ああ、こんなことができるようになったんだ」「こんなことを考えるようになったんだ」とふと感じることができると嬉しくなります。

まずは7才になったばかりの長女の話から。

詳細な内容は[続きを見る]から。
 

[続きを見る]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。