旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
ジャイアントステップ(Zwerg Riese)
2011年09月26日 (月) | 編集 |
ジャイアントステップ4
名称:ジャイアントステップ(Zwerg Riese)

発売元:HABA (ハバ) , 2011年
デザイナー:Marco Teubner (マルコ・トイブナー)
プレイ人数:2-4人
対象年齢:6歳以上

概要:巨人リックに乗って街から街へと旅をして金貨を集める。コンパス状に歩行させる仕組みが斬新

満足点:巨人をコンパスの要領で歩かせるシステムが新しい
     一歩一歩、歩いていく感覚が旅をしているようで楽しい
     たくさんカードを引ける場合と、山賊が出てバーストする場合の割合が絶妙
     ルートを映像的に想像する必要があるので、他のゲームとは別の部分で頭を使う
不満点:金貨の状況によっては、同じルートを往復する単純な方法が有効になってしまう
     1点の金貨が盤上に残りやすく、やや終盤が消化試合ぎみになる
     掴まれる巨人や頻繁にシャッフルされるカードの耐久性がちょっと心配
     子供ゲームとしては時間が長く、難度も高いのでなかなかプレイ機会がない

ウチでの評価:★★★★★★★☆☆☆(7点:面白い!)

妻「手持ちのカードから行けるかどうか考えるのが楽しい」
長女(6才)「あと何のカードがあれば到着するのー?」
次女(3才)「ずしーん、ずしーん(今回お休みだが、盤外で勝手に巨人を動かしている)」

詳細な内容は[続きを見る]から。
 
[続きを見る]
キキリキーミニ (Kiki Ricky - Mitbringspiel)
2011年09月19日 (月) | 編集 |
キキリッキーミニ3
名称:キキリキーミニ (Kiki Ricky - Mitbringspiel)

発売元:Ravensburger(ラベンズバーガー) , 2006年
デザイナー:Gunter Baars(ギュンターバース)
プレイ人数:2-4人
対象年齢:4歳以上

概要:急坂を登っていくすごろくゲーム。上から落ちてくる卵に当たるとスタートに逆戻り。

満足点:外箱と内箱を使って組み立てるギミックが面白い
     見た目がかなり楽しそうで、子どもをひきつけるものがある
不満点:「卵を落とす」というより、滑り落ちる感じなのでコントロールしにくい
     卵を落とされると、ほぼ最初からやり直しになるのでなかなか辛い
     多人数だと、1~3どのサイコロの目が出ても同じ移動数になることが多い

ウチでの評価:★★★★☆☆☆☆☆☆(4点:少し物足りない)
 '13/1/2 他との兼ね合いで基準見直し4→3に変更

妻:「サイコロを振る醍醐味がそれほどないのが残念な感じ」
長女:「卵にあたると最初からになるのがイヤ(自分は攻撃するけど)」
次女:「じゃあ、たまごをーおとす!」
 
[続きを見る]
ちょっとしたボードゲームの話題
2011年09月16日 (金) | 編集 |
取りあえず、ちょっとしたボードゲームの話題でも書いておきます。

詳細な内容は[続きを見る]から。
 
[続きを見る]
もじぴったんカードゲーム
2011年09月13日 (火) | 編集 |
もじぴったん
名称:もじぴったんカードゲーム

発売元:メガハウス , 2007年
プレイ人数:2-5人
対象年齢:3歳以上

概要:持っている文字カードと、場に出ているカードを組み合わせ、言葉になるように並べる。

満足点:元ゲームのイメージがあしらわれていて華やかなデザイン
    長い文字列を作れると気持ちいい
    価格が安い(1000円ちょっと)。
不満点:ボードとなるシートが薄くて破れやすい
    内容的にやや長考になりがち
    長い文字列ができるチャンスが終盤につれて減るので、アンチクライマックスぎみ

その他: ひらがなカードは他のワードゲームでも汎用的に使えそう。

ウチでの評価:★★★★★☆☆☆☆☆(5点:普通に遊べる)

妻「もじぴったんのキャラクターがかわいい」
長女「あいうえおが来ると作りやすい。ー(伸ばし棒)は難しい」
次女「んはろ!(そんな言葉ないから)」

 
相変わらず、ボードゲームで長く遊べる時間が取れないので、ショートレビューでお茶濁し中です。
取りあえず、相当前に買って、最近子ども達が遊び始めたこのゲームを紹介。


◎ルール
[準備]
ボード上の所定の位置にも2枚のカードを置き、各自は8枚の文字カード持つ。

[遊び方]
ボード上にあるカードと手持ちのカードを組み合わせて、言葉になるような形でボードの上に並べていく。
置ける条件は「左から右に読めるような文字」か「上から下に読める文字」のみ。
順番に行い、すべての手持ちカードを最初に使いきった人が勝ち。

手持ちのカードで何も言葉を作れなかったら、山札からカードを1枚引いて1回休み。


◎総評
カードを選んで文字を作るのは楽しく、子供たちのウケもなかなかですが、本気で遊ぶにはちょっと微妙な部分が目立つような気がします。

まず、このゲームの醍醐味であり、一気にカードを減らせる要素でもある「長い文字列」ですが、それを完成させるチャンスが「手札が多くてボードが広く空いている前半」に集中していて、後半はせいぜい3文字がやっとというのは、ちょっと盛り上がりに欠ける感じです。

また、文字が完成できない時の1回休みペナルティが厳しく、1枚ランダムにカードを引いても状況が好転することは稀なので、最初の手札が悪いと何もできずに終了することが多いのも難点です。

他にも「最適なワードを探すため長考になりがち=待ち時間が長い」という欠点もあり、対照的にこれらの不満点がない『ワードバスケット』はかなり優秀なゲームなのだと感じました。
ただ、ワードバスケットは慌ただしく、それが苦手の人も多いので、まったりと文字ゲームを楽しむ分には、こちらの方が向いていると思いますね。

文字カードの配分が、日本の語彙にあわせて調整されている(あ行が多い、など)のは◎。
カレイドス」などのゲームでお題の頭文字を決める時などにも使えそうです。

ウチの子ども達と遊ぶと、まだあまり言葉を知らないので、どうしても2文字か3文字の勝負になりますね。
次女は単語にならないものでも取りあえず出したりしてますが(汗)


尚、このボード(というか台紙)は薄くて破れやすいので注意です。ウチではすでにボロボロ。
また皺になりやすく、波打ってしまうとカードが置きにくくなるので、ボードを使わずにカードだけ並べて遊んでも良いですね。 
夏の終わりのとしまえん
2011年09月10日 (土) | 編集 |
toshimaen_201108.jpg

すでに先々週の話ですが、としまえんに行ってきました。
夏休み最後の日曜日、しかも悪天候が多いなかの晴れ日だったため、最高の人出になっていたそうです。

[毎日新聞]としまえん:夏休みラストスパート 最多2万人

人の波が苦手な私は、本来ならこんな混雑した日に遊園地に行くのは御免なのですが、長女と「宿題が終わったら遊びにいこう」という約束をしてしまったので、仕方なく電車で練馬に向かいました。
天気は数日前までは雨予報だったにも関わらず久しぶりの夏日。
さすが晴れ女の長女が楽しみにしていただけはある……。

詳細な内容は[続きを見る]から。
 
[続きを見る]