旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚小屋(saustall)
2011年05月29日 (日) | 編集 |
豚小屋
名称:豚小屋(saustall)

発売元:Huch&Friends
デザイナー:Michael Rieneck(ミハエル リーネック)
プレイ人数:2~4人
対象年齢:10歳以上

概要:豚小屋で発見された変死体。証拠を足で稼ぎ、刻々を変わる捜査状況から犯人を絞り込む

ウチでの評価:★★★★★★★★★☆(9点:素晴らしい!!!)

満足点:推理モノだがシビアな理論は必要なく、運の要素も多いので気負いなく遊べる
     基本はカードを出すだけなのでサクサク進む。1ゲームも短い
     コンポーネントの雰囲気が良く、捜査している雰囲気に浸れる
     2~4人、どの人数でも楽しめる

不満点:犯人当て時に山勘だよりになることも多いので、厳密な推理を好む人には向かないかも
     協力しすぎるとあっさり犯人が判明することもあり、ややプレイヤーにバランスが委ねられている
     証拠品タイルの側面加工が弱く、雑に扱うとはがれそうでちょっと怖い

その他:日本ではメジャーではない版権モノなので、多分、国内未発売

妻「推理モノはそれほど得意でもないけど、なぜかこれは勝てる。1プレイがサクサクできるのも良いね」


'11/6/28
※当ブログにて@47chiku, @eagle_fry_free, @hiroceanさん達と共同で作成した完全日本化ファイル公開中!


詳細な内容は[続きを見る]から。

[続きを見る]
スポンサーサイト
ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)2011ノミネート決まる
2011年05月26日 (木) | 編集 |
5/23 ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)において、今年のノミネート作品が発表されました。

公式サイト
TGIW:ドイツ年間ゲーム大賞2011ノミネート

今年からメインがファミリー層の「年間ゲーム大賞」と、
コアなファン層向けの「年間エキスパートゲーム大賞」の2つに分かれ、
従来の「年間キッズゲーム大賞」と併せて、3部門となりました。

ラインナップを見ながら、簡単な感想と予想などをつらづらと書いてみます。

[年間ゲーム大賞]
・クゥワークル
・アサラ
・禁断の島

・推薦リスト:おばけキャッチ、ブロッカーズ、ウルル、モンド、髑髏と薔薇
        サフラニート、太陽・海・そして砂、ブルゴーニュ、ルナ、フリーズ

クゥワークルは以前から出ていたゲームですが、
シュミットシュピールから2010年にドイツ版が販売されたので、今年扱いみたいですね。

予想をすると、「モンド」「サフラニート」「髑髏と薔薇」「フリーズ」などの
アクションやパーティー向けゲームが推薦リスト止まりだったことを鑑みて、
今年は、「いかにも」という趣きのボードゲームに取らせたいのかなぁ、と考えます。

部門別になって初めての賞ですし、
前回が「ディクシット」(パーティーより)、前前回が「ドミニオン」(カードゲーム)、
その前のケルトもややカード寄り。
ということで、そろそろ、正統派(?)のボードゲームの出番かと。

よって「アサラ」が獲得すると予想。
次点は「禁断の島」で、パンデミックの功労賞的に取ることも考えられるかなぁ…と。
「クゥワークル」は、「こういうゲームも大事だね」という感じのリストアップで、
大賞にはちょっと弱い感じがします。

余談ですが、「おばけキャッチ」が大人向けにリストアップされているのが面白いと思いました。


[エキスパートゲーム大賞]
・世界の七不思議
・ランカスター
・ストラスブール

盛り上がりや、システムの斬新さから考えると間違いなく「世界の七不思議」なんでしょうね。
短時間で、ルールもあまり難しそうではない「世界の七不思議」がエキスパート扱いなのは、
「どの層に受けるゲームか」というのが基準なんですかね…?

「ランカスター」は個人的に興味あります。


[キッズゲーム大賞]
・その中に虫がいるよ
・小さな魔法使い
・モンスターの落とし穴

・推薦リスト:パップザット、枕の戦い、グリマッフェン、怖いサル、ジッケザッケ
        小さなカエルの音楽、大きな動物クイズ、マゴーの本読み魔法
        千とひとつの宝物、バナナジャンプ、大玉ころがし、Tレックスからの脱出、宝島

個人的には「モンスターの落とし穴」が面白そうなので、大賞予想。
ダイナミックにモンスターをスライドさせるギミックも良いですが、
「隣のプレイヤーと協力する」という要素がなかなか新しいと思いました。

「小さな魔法使い」は、イラストとギミックが可愛いのですが、
磁石の記憶ゲームとして「魔法のラビリンス」とかぶるかな…。

「その中に虫がいるよ」は手軽な色ダイスゲームっぽい感じ。
虫パーツで、長さの感覚や、倍数の概念が身につきそうですね。
個人的にはちょっとイラストが好みじゃないかな…。


以上、結果発表は6/25です。
親戚のお宅でボードゲーム会 第2回
2011年05月19日 (木) | 編集 |
去年の12月に続いて、親戚である若夫婦のお宅に招かれました。
この機会に4人で遊びたいボードゲームを持っていきましたよ。

詳細な内容は[続きを見る]から。

[続きを見る]
キャメロット ジュニア(CAMELOT JR)
2011年05月09日 (月) | 編集 |
いつものボードゲームではなく、今回は子ども向けパズルゲームの紹介です。
積み木で道を作って、騎士とお姫様が無事、出会うことができればクリアという内容。

前回のゲームフェスティバルでテンデイズゲームさんが扱っているのを後から知って
買わなかったことを後悔したのですが、その後ドイツアマゾンで売っているのを見つけて、
何とか手に入れることが出来ました。

キャメロットJr.1 キャメロットJr.2
まずは簡単に外箱と中身を。
ドイツアマゾンなので普通に箱つぶれしています(汗)可愛い箱絵なので、ちょっと惜しい。

中身は積み木がパズル的に収納されていて、片付けるのも楽しいです。
右にある青い冊子はマニュアルと問題集。

'5/9追記
積み木の大きさはブロックの一辺が3.5cmです。
4cmならばウチにあるHABAファンタジーと組み合わせられるのに、そのあたりは残念。


キャメロットJr.3
説明として1問目を具体的に紹介。
問題集の通り、本問は緑色の階段付き3ブロックの積み木と、紫の1ブロックを使用します。

ルールとしては以下の通り。
・指定された積み木だけを使うことができます。
・騎士や姫は、急な段差を昇ることができません。上下する場合には階段が必要です。
・手を離した時に崩れてしまうような積み方はNGです。

キャメロットJr.4
最初なので非常に簡単。
並べるだけでこの通り、騎士さんとお姫様は無事、出会うことができました。


問題は全48題で、
「スターター(4才)」「ジュニア(5才)」「エキスパート(6才)」「マスター(7才)」
の4つのランクに分けられています。
子ども用なので、大人には易しいのですが、後半になると大人でも難しいひねった問題がありますよ。

そのあたりも紹介したいのですが、本に載っている上級題を転載するのはどうかと思いましたので、
自分で問題を作ってみました。

実際の積み木がないと解くのが困難なものもありますが、取りあえず雰囲気をお楽しみください。

問1
キャメロットJr.5
まずはあまり変哲もない形から。
回答方法はいくつかあります。

問2
キャメロットJr.7
やたら高い場所に騎士さんがいます。
問題集では4階立ての問いが一つしかないので作ってみたくなりました。

問3
キャメロットJr.9
最後はシンプルに見えて難しい問題を。
バランスが重要です。


回答は[続きを見る]から。
[続きを見る]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。