旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうぶつ旅行案内(turi-tour)
2010年11月08日 (月) | 編集 |
turi-tour
名称:どうぶつ旅行案内(turi-tour)

発売元:Selecta(ドイツ)
プレイ人数:2~4人
対象年齢:5歳以上
ゲームデザイナー:アレッサンドロ ズッキーニ
主な受賞歴:2010年 ドイツ年間ゲーム大賞 子供ゲーム賞ノミネート

ウチでの評価:★★★★★★★☆☆☆(7点:面白い!)

ゲーム概要:目隠しをして、動物コマを指定された地図上に置きます。
       上手く成功して、動物達に楽しい旅行をさせてあげましょう!

満足点:手の感触や映像記憶を頼りにするゲーム性がユニーク
     どうぶつコマやカードイラストが可愛い
     基本的にマップがあるゲームはウチでは好印象(笑)
     ルール変更(時間制限)やハンデ付けなど、ハウスルールが作りやすい
不満点:内容的に実力差や好き嫌いが出るゲームかも
     1点ずつ得点を積み重ねるので、地味かつ逆転要素は薄い
     ルールが結構複雑(特に失敗した時の処理など)
     付属のアイマスクは手元が見える…。

妻「映像を記憶するゲームなので得意。コマも可愛いし、なかなかです」
長女(5才9ヶ月)「えーと分かんない(アイマスクの隙間から覗こうとする)」
次女(3才)「うましゃんでーす。こんにちはーいっしょにあーそーぼ」

詳細な内容は[続きを見る]で。

[続きを見る]
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。