旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルカソンヌ(Carcassonne)
2010年11月05日 (金) | 編集 |
カルカソンヌ
カルカソンヌ(Carcassonne)

発売元:Hans im Glueck(ドイツ)
プレイ人数:2~5人
対象年齢:8歳以上
ゲームデザイナー:クラウス=ユルゲン・ヴレーデ
受賞歴:2001年 ドイツ年間ゲーム大賞 大賞  2001年 ドイツゲーム賞 1位

ゲームの特徴:めくったタイルをつなげて都市や道を完成させるゲーム
         手下コマを置いて所有権を主張すれば得点のチャンスだが、乗っ取られることも

ウチでの評価:★★★★★★★★☆☆(8点:お気に入り!)

満足点:直感的で分かりやすいルールと、適度な戦略性
     皆で地図を作っていく感覚が楽しい
     準備が簡単で手軽にできる
     タイルや得点ボードなど、コンポーネントの質が高い
     袋などに入れれば携帯性も良い
不満点:草原(農民)ルールだけは、やや敷居が高い
     展開が運に左右されるので、盛り上がりや面白さに波がある
     今までに2回のルール改正があるので、初対面の人と遊ぶ場合は要注意

妻「苦手な“めくり系ゲーム”の中では、選択肢が色々とあるので比較的好きな方かな」
長女(5才9ヶ月)「大きい街が完成すると嬉しい」


[続きを見る]
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。