旅は道連れ世はつれづれに。主にアナログゲームや玩具について赴くままに描き募るブログ。長女と次女の成長記録もちょっとあり、です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスツリー
2009年12月20日 (日) | 編集 |
ツリー1

我が家でも、この週末でやっとクリスマスツリーを飾りました。
昔から置いてある小さめのやつですが、ウチではしばらくこれぐらいで十分ですね。

で、飾り付けは義母と長女がやったのですが、その前に置いてある紙に注目。
ツリー2


「ババと(長女の名前)てつくった、くりすますつり、(次女の名前)ちん、さわらないでねー!?」

長女が次女避け(笑)に書いたメモだそうです。
イラストに、次女が好きなアンパンマンと「いないいないばぁ」のことちゃんを配置して、次女の注目を引くようにしたとか。
それにしても長女の妹に対する微妙な心の狭さが良くでてる手紙ですね…。
アンパンマン達がとうせんぼうしているところとか。


つーか、それ以前に次女は文字読めないし…。
高齢(BlogPet)
2009年12月20日 (日) | 編集 |
ワルツは高齢がほしいな。
高齢ってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「ワルツ」が書きました。
ウチのピアノの話
2009年12月19日 (土) | 編集 |
久しぶりにウチのアップライトピアノ(kawai C113N)の話です。

設置した4月から数えて8ヶ月以上経ちましたが、取りあえず今のところ順調に使っています。
キータッチなどはさすがに電子ピアノとは比べようが無いほど素晴らしく、高い買い物でしたが買って良かったと本当に思います。

ただ、10月中に一度、へ音記号中央のソにあたるキーがスティック状態になり、一度、杉田楽器さんに来ていただいて調整(無料で)してもらったのですが、最近気候のせいか、またちょっと調子が悪くなることがあるようです(乾燥気味だと調子が悪い?)
杉田楽器さんには悪いのですが、また調整してもらう必要がありますかね…?

ついでに、ウチでのピアノの使い方の紹介。
C113Nは譜面台の板がツルツルしており、1枚モノの楽譜がとても滑り落やすいのですが、ウチでは以下のように、ホームセンターで買った滑り止めを張って解決しています。
そのまま板に張ると傷むので、3Mのコマンドタブを使い、その上から普通の両面を張って補強しています。
kawai-2

なぜか次女がやたらとはがそうとするのが問題点ですが…。


また、やはり自分用には高いタイプの譜面台が欲しいので自作しました。
ホームセンターで木材を加工して1,000円ちょっとで作れました。譜面を置く場所をコの字になるように折りかえしたので、そこで本がめくれないような工夫をしています。
kawai-1


次に直すとしたら、標準の譜面台にて、譜面を立てかける場所(フタの裏)が傷つきやすいので、そこに何か透明なシートを張ってカバーしたいということでしょうかね。
つじあやの10周年ツアー 『LIVE つじギフト ~10年目のおくりもの~』
2009年12月17日 (木) | 編集 |
つじグッズ

2週前の水曜日(12/3)、つじあやののライブに行ってきました。
場所は鶯谷にある東京キネマ倶楽部です。

この日は寒いうえに雨という悪天候でしたが、東京キネマ倶楽部は順番待ちができるロビーなどがない狭い会場なので、外で暫く待つことになりました。
私たちは運良くチケットが奇跡のような超良番だったので、比較的早く呼ばれましたが、後半の番号の人達はこの寒い中、陸橋の方まで並んでかなり長い間待たされていたようです。

今回は指定席ではなく、チケット番号順の自由席だったので、このような待合いが起きたのですが、つじファンは高齢の人もいる(特に今回は年配の人が多かったような)ので、指定的制にするか、入場する時間を正確に通知していれば、無駄に待たされることはなかったのになぁ、と思いました。

それにしても妻と出かけるとなぜか雨天が多いです。留守番している長女の呪いか…?


さて、東京キネマ倶楽部のステージは、ダンスや演劇なども多く開かれる、なかなか昭和モダンの雰囲気がある会場。EGO-WRAPPIN'などがよくライブをするそうですが、その理由が分かりますね。
1Fはパイプ椅子ですが、2Fはふかっとしている椅子が設置されているので、こちらの方が座り心地は良さそうでしたね。
まぁ、今回は良番ゆえ1列目中央に座るのを狙っていたので、パイプ椅子に座るしかなかったのですが。

グッズで目新しいものは、携帯ストラップと、紅白饅頭・どら焼きのセット。
携帯ストラップもクローバーやウクレレをあしらった可愛いものだったので良かったのですが、今回限定で発売されているような饅頭・どら焼きセットを買いました(上写真)。3個で900円というのは高いと思いましたが、袋に直筆サインが入っているので、その分を考えると妥当と言えるでしょう。

また、購買には、前から噂になっていた、つじウクレレが展示してありました。
後のMCでも言ってましたが、結局ハワイのケリーではいつまで経っても完成せず、ベトナムで注文しなおしたらすぐに完成したという代物だそうです(笑)
ケリーでないのは残念ですが、ベトナム製なら安く販売される可能性もありそうですね。デザインはクローバーの入った、なかなかセンスのあるデザインでした。

問題はウチにすでに2つウクレレがあるから、買う必然性がない、というなんですけどね(汗)

いつもきっちり始まるつじのライブにしては珍しく、始まりの時間が10分遅れました。
初めて行う場所だから何か上手くいかないところがあったかな?
つじの衣装は半袖ひざ上丈のドレスで、色は白地に緑色ラメでした。

バンド構成は以下の通りです。

ピアノ:坂和也
ウッド・エレキベース:御供信弘
キーボード:曽我淳一
ドラム:玉田豊夢

坂さんと曽我さんはお馴染み。
御供さんと玉田さんは初めて見ましたが、二人とも私好みの素晴らしい演奏で、相変わらず、つじのサポメンは合っている人を連れてくるなぁ、と思いました。
今回は最前席なので、ウッドベースの弦をバシバシ弾く音まで聞こえましたし、ドラムもボンボンでシンバルを叩く幻想的な音も、じっくりと堪能することができましたよ。


セットリストは以下の通り。

1.春は遠き夢の果てに
2.クローバー
3.おいたままラブレター
4.愛のかけら☆恋のかけら
5.君にありがとう
6.心は君のもとへ

○ウクレレ弾き語り
7.君が好きです
8.うららか(大瀧詠一さんのカバー)
9.ポエム朗読?「ローマの休日」
10.悲しみにさよなら(未発表曲)

11.君のうた
12.黄金の月
13.愛する人へ
14.風になる
15.パレード
16.戦場のメリークリスマス
17.Sweet Happy Birthday
18.虹

○アンコール1
19.Fly High
20.ゆびきり
21.いつまでも二人で

○アンコール2(弾き語り)
22.悲しみの風


最初は予想外の「春は遠き夢の果てに」。
今回は妻と1曲目当てをしなかったのですが、これでは絶対に外れていたことでしょう…。

とにかく、今回は10周年ということで、旧曲を中心にかなり豪華なセットリスト。
そのせいか間に入るMCはいつも以上にグダグダでしたが、まぁ、つじのMCが微妙なのは仕様なので、特に気になりません(笑)

個人的には「おいたままラブレター」「愛のかけら☆恋のかけら」をやってくれたのが嬉しかったですね。
妻も「君のうた」「虹」など好きな曲が多かったのでご満悦でした。
それにしても「クローバー」はライブをやるたびにどんどんロックなアレンジの曲になっていきますね…。まぁ、他にロック的な曲が少ないので、メリハリがあって良いのですが。

9曲目の「ローマの休日」は、ボツ曲をポエム風に朗読するという変わった試み。
ローマなのに歌詞に『神無月』が入っているとか、妙な歌詞でした(汗)お笑いのつもりでやったのでしたが、会場は微妙でしたね。
もっと分かりやすくぶっ飛んだ歌詞でないと、ポエムだけで笑いをとるのは難しいかな…。

10曲目「悲しみにさよなら」は未発表曲で、こちらはボツになったB級とは違って、A級曲とのこと。
知り合いのカップルが別れたことにショックを受けて作った音楽とのことでしたが、さすがにA級だけあって、こちらは完成度の高い曲と歌詞でした。

ちなみに、つじは尊敬する故浜口庫之助さんを目指し、死ぬまでに5000曲を作るのが目標と言ってましたが、現在は600曲とのことなので、末永く音楽生活を頑張っていって欲しいところですね(あと70年は現役でいる必要あり?)

13曲目「愛する人へ」はCMでもお馴染みの新曲。
10周年を記念し、ファンやお世話になった人々に感謝の念を込めて作った曲とのことですが、さすがに素晴らしい楽曲です。
ライブで聞くと、尚一層ストレートな感情が伝わってきて、深く感動できる1曲ですね。

14-15曲は手拍子も起こる定番の盛り上がる曲でしたが、正直この流れもちょっとワンパターン化してきたかな?と感じます。
まぁ、他に盛り上がれる曲がつじには少ないということもあるのでしょうけど…。

最後の弾き語りは、インディーズ時代に作った「悲しみの風」。メジャーになってからアレンジし直そうと思っていたが、やはり原曲を超えられなかったとのこと。
そんな思い出の曲だから、初心を忘れないためにもラストに持ってきたそうです。

曲目を聞いた時は、暗めな曲なので10周年ライブのラストにはどうかな?と思ったのですが、そんな意味が込められるなら納得ですね。


さてさて、今回のライブ、セットリストもよく考えられていて、かなり楽しめた2時間でした。
色々な楽曲に挑戦しても、芯だけは本当に変わらないつじの音楽ですから、これからも素晴らしいものを多く作り出してくれると期待しています。

取りあえず健康に気をつけて、次の10年も頑張ってくださいね!
パズルコレクション109号「17ペンタキューブ」
2009年12月15日 (火) | 編集 |
パズル109_1
パズルコレクション109号は「17ペンタキューブ」です。

パズルは木の枠と17個のピースでできていて、任意の1個のピースを抜いて16個のピースを枠の中に敷き詰めます。

どのピース1個を抜いても直方体の枠に当てはめることができるというのがこのパズルのミソで、つまり17通りの組み合わせ方が可能となっています。

難易度は今までで最高の★6。1通り完成させるだけで苦労するのに、それが17パターンあるというのは地獄のような難しさですね…。正直★10個でも良いと思いますよ(汗)
全て完成させるまで待っていると何ヶ月かかるか分からないので、仕方なく、今回は1通りを作っただけで終わりとさせていただきます。


雑誌記事は「ジュ・ドゥ・タロ」と「シットウイン」。

「ジュ・ドゥ・タロ」はパズルコレクション106号で紹介した「フランスのタロット」を使用した代表的なゲームです。
フランスではトランプのブロット(Belote)に次ぐ人気を誇っており、カナダのフランス語圏内でも親しまれているそうです。

参加人数は4人で、1人の「プルヌール(受け手)」が3人の「デファンスール
(防御者)」を相手に戦うトリックテイキングゲームです。
1vs3なので、点数計算などがなかなか独特で大変そうですが、慣れればそんなこともないんでしょうかね。


「シットウイン」はミャンマー(ビルマ)の伝統的な将棋です。
盤に斜めに引かれた線が昇格を示すライン(シッケチョウといいます)だったり、初期配置で兵隊の駒以外は自由に配置できたりと、独特の規定を持っています。
駒は、ミンジー(大王)、シッケ(副官)、シン(象)、ミン(馬)、ヤター(戦車)、ネ(兵隊)の6種16駒で、ネだけがシッケに昇格できます。
昇格のルールがなかなか複雑ですが、これもプレイしているうちに身についてくるものですかね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。